2009年12月17日

行政書士資格・試験・仕事


行政書士
資格をとるなら
無料で資料請求

↓↓↓↓
行政書士

●行政書士の仕事

官庁など公的機関に提出する様々な許認可書類や届出書類などを法人や個人に代わって作成したり、
代理提出します。また相談業務なども行います。


・国際法務事務
外国人の帰化申請、在留許可申請
など
・建設業許可申請
・相続業務
遺言書や遺産分割協議書の作成など、
・風俗営業許可申請



●行政書士の仕事資格試験
受験制限なし。
年齢、学歴、国籍などの制限なし
合格基準を満たせば合格できます。
(合計で60%以上)

・試験科目
法令等:
憲法、行政法、民法、商法、基礎法学の中から46問出題されます

一般知識等:
政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解から14問出題。


行政書士の情報
無料で資料請求

↓↓↓↓
行政書士





●不況下のリストラ、倒産、転職、などに直面しても心強い味方です。

経験を積めば独立開業も可能です。
開業時に資金が少なくてすむという、利点があります。

●行政書士の年収
就職する場合は月収20万円超が多くでています。
独立開業している場合で、年収数百万円。
コンサルティング業務を合わせてやっている方では年収1000万円超の場合もあります。

●司法書士と行政書士の違い


行政書士は許認可申請の代理,
書類作成業務がおもです。
また、行政書士はコンサルタント的な業務も認められています。

司法書士は不動産登記や商業登記などの登記業務を中心としています。
地域の住民の最も近くにいる法律専門家の役割を担っています。


資格をとるなら
無料で資料請求

↓↓↓↓
行政書士





▼注目HP

フィナンシャルプランナー仕事・資格の詳細
保育士
リフレクソロジーの資格情報
リフレクソロジーとは?
相性占いLiNK
経済・不動産関係
ホームヘルパーの仕事や資格取得の詳細
リフレクソロジーの資格情報
フレッシュサーチ
posted by sikakutoru at 19:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。