2009年12月17日

中小企業診断士の資格試験


資格をとるなら
無料で資料請求

↓↓↓↓
中小企業診断士




■中小企業診断士とは
経営や業務のコンサルティングのスペシャリストとしては唯一の国家資格です。

中小企業支援法(昭和38年法律第147号)の規定に基ずいています。
経済産業大臣によって「中小企業の経営診断の業務に従事する者」として登録された者を指します。


中小企業診断士は、企業の経営計画を立てたり実際に経営のためのアドバイスをするのが主な業務です。、
また、中小企業と行政や金融機関等を繋ぐパイプ役としての役割もあります。

■中小企業診断士の資格試験


試験科目
1. 経済学・経済政策、2. 財務・会計、3.企業経営理論、4.運営管理(オペレーション・マネジメント)、
5. 経営法務、6.経営情報システム、7.中小企業経営・中小企業政策

合格基準
(1) 1次試験の合格基準は、総点数の 60% 以上で、かつ 1科目でも満点の 40% 未満のないことを基準とし、
試験委員会が相当と認めた得点比率です。
(2) 科目合格基準は、満点の60%を基準として、試験委員会が相当と認めた得点比率です。

第1次試験合格後、次の2つの方法により、中小企業診断士として登録されます。
(1)当協会が実施する第2次試験合格後、実務補習を修了するか、診断実務に従事する。
(2)中小企業基盤整備機構または登録養成機関が実施する養成課程を修了する。


資格をとるなら
無料で資料請求

↓↓↓↓
中小企業診断士



▼注目HP
医療事務の詳細
ホームヘルパー2級の資格取得のし方
ネイリストになるための詳細
社会保険労務士の詳細についてはここ!
リフレクソロジーの資格情報
介護福祉士
宅建主任者の試験・資格・法定講習
Yahoo!天気情報
ネイリストの将来性
infoseekモバイル
posted by sikakutoru at 23:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。